ニューバランス
(New Balance)の修理例 3

〜カカト内側破れ、外側貼替え、メッシュ穴、カカトすり減りなど〜

カカト内側の破れは当店の定番修理で
「本革」で施工する、足当たりのいい高級仕上げです

※メーカー修理の”合成皮革”とは違い、長もちしますよ(^^)





●この修理例はしばらく最上部に固定しておきます●

こちらの靴ですが

ご記入いただいたTEL番号が「データ通信専用」
とのことでご本人様と連絡がつきません

もしご本人様がこちらをご覧になりましたら
お店に連絡をお願いします

メール→Mail     LINE→

●6/27店頭お預かり、10月中旬仕上がり予定が早まりました●



2020.8.30

ニューバランス(New Balance)998のカカト破れ修理です

右足が特にガッツリ破れていましたので
カカト内側全体を白い革で修理しています

ニューバランス998のカカト破れ修理、1

ニューバランス998のカカト破れ修理、2


内部スポンジはギリギリ再利用できましたので
追加料金はかかっていません(^^)


ニューバランス998のカカト破れ修理、3

ニューバランス998のカカト破れ修理、4


靴全体はこんな感じです


ニューバランス998のカカト破れ修理、5

ニューバランス998のカカト破れ修理、6

もしご覧いただけましたら、ご連絡くださいませ(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2020.9.16

ニューバランス(New Balance)1300のベロの修理です

年数が経って傷んだベロを
革で作り直しますよ〜〜〜

NB1300のシュータン修理、1

NB1300のシュータン修理、2


裏側のバーコードシールをご希望で移植することもあるのですが
ここまで傷んでいると、ムリです(^^)

白い革でベロを作り、NB1300のロゴを移植して仕上げています


NB1300のシュータン修理、3

NB1300のシュータン修理、4

NB1300のシュータン修理、5

今回は内部スポンジなしの仕上げですが

柔らかい革2枚分の弾力がありますので
履く上でスポンジがなくても特に困ることはありません

スポンジの「少し圧迫感のある」フィット感が必要なら
スポンジを入れますが

いずれまた劣化する恐れがありますからね〜

基本は、スポンジなしがオススメです(^^)

今回の修理金額は両足で4400円です
状態によって料金は前後します




2020.9.16

ニューバランス(New Balance)576のカカト外側と内側の修理です

外側がめくれすぎてメーカーロゴも、全てなくなってますね(^^)

NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、1

NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、2


外側をグレーメタリックの革で作り直して
下部の反射板もいずれ崩れるので、同じ革で作り直しています

内側は内部のスポンジが一部再利用しながら
全体的に新たなクッションを足しています(^^)


NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、3

NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、4

NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、5

NB576のカカトリフレクタとヒールカウンタの修理、6

これでシャキッとしましたーーー(^^)

ソールもメーカーさんで貼り替えているようなので
秋の行楽にガンガン履いていきましょう♪

今回の修理金額は両足で12100円です
状態によって料金は前後します




2020.9.15

ニューバランス(New Balance)576のカカト周りの修理です

カカト内側は以前にメーカーさんで貼り替えたそうですが
外側が傷んできましたので、ご依頼いただきました

※メーカーさんでは外側の修理はやっていないようです

ニューバランス576のリフレクターとヒールカウンタ修理、1

ニューバランス576のリフレクターとヒールカウンタ修理、2


外側は単体では修理ができないため
内側の修理もセットになってしまいます

外側をグレーメタリックの革で貼り替えてから
内側全体を白い革でカバーしています


ニューバランス576のリフレクターとヒールカウンタ修理、3

ニューバランス576のリフレクターとヒールカウンタ修理、4


これで外側がキレイになりましたし
内側も合皮→本革になって、高級感が増しました(^^)


ニューバランス576のリフレクターとヒールカウンタ修理、5
サイドから見るとこんな感じ

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




2020.9.7

ニューバランス(New Balance)998のカカト内側の破れ修理です

がっつり破れていますが、内部スポンジはギリギリ無事でした(^^)
でも、もう少し早めの修理がいいと思います〜〜

ニューバランスのカカト修理はお任せください、1


履き口淵のステッチを解いて、同じぐらいの位置で革を縫い付け
カカト内側に巻き込むようにして接着しています

内部スポンジはそのまま再利用していますよー


ニューバランスのカカト修理はお任せください、2

ニューバランスのカカト修理はお任せください、3

カカト内側の傷みは、サイズ選びや履き方でかなり予防ができます

・サイズは必ずピッタリサイズを!(つま先1センチほど余裕を)
・メンドウでも脱ぎ履きの際には靴ヒモを締め直す!

これだけで長持ちしますよ(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2020.8.29

ニューバランス(New Balance)368のくるぶしの破れ修理です

内くるぶし同士が擦れて破れてしまっています

この部分はカカト内側修理でカバーできる部分ですので
サクッと直しましょーーー(^^)

ニューバランスのくるぶし破れの修理、1


履き口淵の袋縫いステッチを解いて
同じぐらいの位置で革を縫い付け

内側にまここむように接着して
端を縫い付けて仕上げています(^^)


ニューバランスのくるぶし破れの修理、2

ニューバランスのくるぶし破れの修理、3

ニューバランスのくるぶし破れの修理、4

これでキレイに直りましたが・・・

おそらく歩く際に足同士が擦っているのだと思いますので
同じようにすると、丈夫な革でもいずれ破れてしまいます

足を真っ直ぐ向けるよう、少しお気をつけくださいませ(^^)

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2020.8.26

ニューバランス(New Balance)1300のカカト外側と内側の修理です

外側の合成素材が経年劣化で崩れいていましたが
外側の修理は内側もセットになりますので

両方ともキレイにしますよーー

NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、1

NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、2


外側をグレーメタリックの革で貼り替えてから
内側全体を白い革でカバーしています

内側は合成皮革でしたが
これで本革になり、長持ちしますね(^^)


NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、3

NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、4

NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、5

NBのリフレクターとヒールカウンタの修理画像、6

カカト内側はメーカー修理をしたように見えるのですが
履き口のステッチを解いてみると

同じ箇所を縫い直した形跡がありません・・

元からこの仕様なのでしょうか?
にしては、白い合皮が波打ちすぎています

・・よくわかりません(^^)

今回の修理金額は両足で11000円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)1400のオールソールの貼替えと
カカト周りの修理、ベロの作り直しです


ソールは内部のポリウレタンが崩壊していましたので
全て削り落としてソールを作り直しました

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、1

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、2

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、3

カカトの硬いラバー部分を薄グレーのスエードで貼り替えてから
10ミリの白いスポンジを底に貼って縫い付けます

同じスポンジをカカトに積んで高さを出してから
ビブラム2002ソールで接地面を仕上げています

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、4

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、5

NB1400のスニーカーのオールソール貼替え修理です、6

デザインや履き心地は変わってしまいますが
これでソールは復活です(^^)


カカト周りは外側の反射板をグレーメタリックの革で貼り替えてから
内側を白い革で貼り替えています

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、1

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、2

内部のクッションスポンジが一部崩壊していましたので
新たにスポンジを足してクッションを良くしています


ベロは白い革で作り直して「NB1400」のロゴを移植し
裏のバーコードシールも移植して、内部にスポンジを詰めています

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、3

NBスニーカー修理、カカト内側、外側、シュータン、4

これでカカト周りもベロも復活しましたので
永く履いていけそうですね(^^)

今回の修理金額はオールソールが19800円
カカト周りが12100円、ベロが6600円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)のソール貼替え修理です

ソールは剥がれや部分的なカカト修理で依頼されたのです
これぐらいゴムがひび割れてると・・

貼り替えたほうがいいと思います

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、1

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、2

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、3

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、4

劣化した黒いアウトソールを剥がして
ビブラム2002ソールで貼り替えています

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、5

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、6

ニューバランスのひび割れたソールを貼り替えました、7

これでまた気持ちよく履いていけますね(^^)

今回の修理金額は両足で7700円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)574のミッドソールの交換です

カカトのポリウレタンがボロボロに崩れていますが
それ以外はスポンジとゴムソールなので

崩れた部分だけ作り直しますよ〜〜(^^)

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、1

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、2

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、3

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、4

そのすぐ上の硬いラバーを残すやり方は当店では実施してませんので
この部分をまず革で貼り替えます

その上で白いスポンジで同じような形に削り出して
はめ込んで再接着しています

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、5

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、6

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、7

ニューバランスの崩れたウレタンソールを作り直します、8

今回はソールとアッパーの接着ボンドもダメになっていましたので
この部分の再接着も同時に行っています

スポンジミッドソールの側面は
そのままだと新しいスポンジとの色の違いが激しいですし

かと言って完全にキレイにしてしまうと
アッパーの使用感と合わないので

なんとなーく、ちょっとだけキレイにしてあります(^^)

今回の修理金額はミッドソール作成が11000円
ソール再接着が4400円で、両足合計で15400円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)576のオールソールの貼替え修理です

NBはソールにポリウレタンを使っているものが多く
年数が経つとボロボロに崩れてしまいます

ってことで、サクッと作り直しますよ〜〜(^^)

NBの崩れたソールを交換します、1

NBの崩れたソールを交換します、2

NBの崩れたソールを交換します、3

NBの崩れたソールを交換します、4

カカトの硬いラバー、こちらではヒールカップと呼んでいますが
この部分も革で貼替えになります

今回はこげ茶の革をお選びいただきました
それを同じ形で縫い付けて接着跡を隠します

その上で10ミリのスポンジを底に縫い付けて土台にし
カカトにもう1枚色違いのスポンジを積んで高さを出して

ビブラム2002ソールを貼って接地面を仕上げています

NBの崩れたソールを交換します、5

NBの崩れたソールを交換します、6

NBの崩れたソールを交換します、7

NBの崩れたソールを交換します、8

これまでミッドソールは1色で仕上げることが多かったのですが
ツートンカラーもいい感じですね(^^)

このカラーリングをお選びいただいたお客様のセンスに脱帽です♪

今回の修理金額は両足で19800円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)1300のつま先メッシュの穴あき修理です

BBQで火の粉が飛んでしまいメッシュが溶けてしまったようです
バーベキューに大事な靴履いてっちゃダメですよ〜〜〜(^^)

炭火は凶器です

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、1

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、2

穴そのものを直すことはできませんので
メッシュ部分をスエードで覆って穴を隠しました

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、3

ニューバランスのメッシュ穴あき破れも修理します、4

同じ色の革はなかなかありませんのでデザインは変わってしまいますが
新たな靴として履いていただければ、と思います(^^)

NB1300の第二章ですね♪

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)のスニーカーのカカト修理です

すり減ったカカトを部分貼替えしますよ〜〜

New Balanceのカカト修理はお任せください、1

New Balanceのカカト修理はお任せください、2

すり減っている部分をカットできるラインで黒いアウトソールを削り落として
ミシュランヒールで貼り替えています

New Balanceのカカト修理はお任せください、3

New Balanceのカカト修理はお任せください、4

元のソールとだいたい似たような厚みですので
履き心地も戻ってると思いますよ(^^)

今回の修理代金は両足で2700円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)996のカカト内側の修理です

破れているわけではないのですが(^^)いずれ破れるのを見越して
先に革で補強してしまいます

こういうのもアリですよー

白いかカカト内側をこげ茶にします、1

白いかカカト内側をこげ茶にします、2


履き口淵の袋縫いステッチをすべて解いて
同じぐらいの位置で革を縫い付けます

その革をガバっと内側に巻き込むように接着して
靴ヒモの穴付近のステッチを利用して縫い付けています


白いかカカト内側をこげ茶にします、3

白いかカカト内側をこげ茶にします、4

白いかカカト内側をこげ茶にします、5

今回はご希望でこげ茶の革をお選びいただきましたので
ガラリと雰囲気が変わりましたね(^^)

こうやって修理の際に色で遊ぶのも、醍醐味だと思います♪

今回の修理金額は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




ニューバランス(New Balance)N580の
「ボリューム系ソール」のオールソール修理です


ソールが経年で劣化して崩れていましたので
丸ごと作り直しています

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、1

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、ビブラム、3

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、ビブラム、5

まずアッパーに被さったソールの接着跡に
同じラインでこげ茶の革を縫い付けてます

そして10ミリのこげ茶のスポンジを底に縫い付け土台にして
カカトに同じスポンジを積んで元のバランスに近い高さにします

最後に、接地面にビブラムソール2002を貼って
仕上げています

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、ビブラム、2

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、ビブラム、4

ニューバランス修理、オールソール、はりかえ、ビブラム、6

見た目も履き心地も全く別の靴になっていますが
新たな靴として履いてくださいね(^^)

諦めなければなんとかなります!

今回の修理は両足で24200円です
状態によって料金は前後します


もっと見る→

当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)




2020.