スニーカーのソールに
ゴムを貼って補強しよう!

〜新品でも減りすぎていても大丈夫〜


スニーカーのソールのゴム貼り補強ですが
イロイロと疑問があると思いますので

どういう位置づけの修理なのか?
記載しておきますね(^^)

修理例を画像で見るならはコチラ 





●修理するようにできていない  


大前提としてスニーカーは「修理するように」できていません

コンバースなんかも、カカトが斜めに擦り減ってしまうと当店ではなかなかキレイに修理できません





いかにも「付け足した感じ」になっちゃうんです

リックとかルブタンなど高級スニーカーも基本的には同じで、どうしても修理跡が目立ってしまいます


 


なので、すり減ってしまう前に、なるべく早めに、ソール全体にゴムを貼ることをオススメしています

そうすると貼ったゴムが「ソールの代わり」に減ってくれますので、それを貼り替えながら履いていけば

「ずっとキレイに履いていけんじゃね?」

という履き方のご提案です


ちなみにこの「ずっと」というのは

「ソール自体の寿命が来るまで」

という意味です


合成素材のスニーカーソールは、年数が経てば劣化します

補強したからといって「ソールそのものの寿命」が伸びるわけではありませんので、ご注意下さい



●修理して履くことが浸透していない  


さて、スニーカーは「修理する」という概念自体がまだまだ浸透していません

なので深く考えずにそのまま履いてしまい

・ふと気づくとカカトから水が染みてくる・・
・なんだか底に石が入ってカラカラ音がする・・

ということがよく起こります

そこで慌てて修理してくれるお店を探しても

・ほとんどのお店で門前払いだったり・・
・やっと見つけた対応店の仕上がりがキレイでなかったり・・

「この靴、高かったのになぁ・・」ってなりがちなんです

そのまま捨てるに捨てられず下駄箱の中で何年も・・
なんて経験ありませんか?

「ちょっとこれ、いつまで置いとくの?」
なんて言わたりして(^^)





そうなってしまわないように

「新しいうちに予防しときましょうよ」

というのがこの修理の位置づけです

・気に入っていてこれからも永く履いていきたい・・
・以前からずっと欲しくて思い切って買った・・
・大事な人からプレゼントでいただいた・・

なんてスニーカーは貼っておいたほうがいいと思います






●ソールに貼るゴムの厚みは?  


では貼りつけるゴムの「厚み」の話ですが、よく使用するクレープゴムは4ミリと6ミリがあります

薄いと「貼ってる感」が少なくオリジナルに近い履き心地ですが、そのぶん減るのが早くソールの淵も地面に当たりやすいです

厚いのはこの逆ですね、さらに靴が少し重たくなります

また、女性の脚力に6ミリ厚は「靴が曲がりにくくなった」と感じることもあるようです





ソールはカカトがよく減りますが、前の方はあまり減りません

カカト部分貼替えを数回実施した靴でも「前の方は全然大丈夫」ということがよくありますので、全体に貼るゴムは4ミリでもあまり問題なさそうです

だだそれだとカカトの減りが早いので

全体に4ミリのゴムを貼っておいて、カカト部分貼替えの際に「カカトだけ6ミリ」にすることも可能です

継ぎ目に2ミリの段差が付きますが「違和感がある!」という声もほとんどありません


また、カカトだけ「より耐久性の高い」ミシュランヒール(6ミリ)やタフZ(7ミリ)にすることも可能です





ゴムの強度をまとめておきますと・・

全体に貼るゴムは

クレープ6ミリ>ビブラムスカルソール(4ミリ)>クレープ4ミリ


カカトゴムは

タフZ(7ミリ)>ミシュランヒール(6ミリ)>ビブラムヒール(6ミリ)


という感じです






●ゴムの色は?        


よく使うクレープゴムには黒、白、こげ茶、アメ色があります

スカルソールは黒黒をよく使っていますが
ドクロ部分だけ白いものや、他にもいろんな色があります

で、どうするか迷うと思うのですが

「特にコダワリがなければ黒いゴム」

がオススメです





最大の理由は、汚れが目立ちません

黒いゴムは汚れてもよくわかりませんので
例えばガムを踏んでも気にならない人もいるでしょう

でも白や明るい色だと、その汚れがモロにわかってしまうので
多くの方が気になってしまうようです

明るい色は仕上げたときはキレイですが
履いていく中で汚れていくことを、あらかじめご理解ください





次に、黒は同じ色でカカトを強化できます

こげ茶やベージュも同じ系統のゴムで強化できるのですが、メーカーにより微妙に色の違いが出ます

※ベージュは特に色の違いが顕著です

白はヒールゴム自体が今のところがありませんので、強化するとカカトだけまったく色が変わってしまいます

スカルソールの青や緑などを選んでも、やはり強化の際にはカカトと色の違いが出るのでご注意ください





ではクレープゴムやスカルソールでカカト部分貼替えをすれば、仕上がりもキレイでは?

という意見もあると思います

クレープやスカルなどの「ソール全体に貼るゴム」は柔らかく、カカトゴムとしては少し弱いです

なので見た目はキレイなのですが、ゴムが弱いぶん減るのが早く、貼替えのサイクルが短くなってしまいます






●ゴムの選び方 まとめ  


まず基本になるのがクレープゴムです
(アスファルトのようなボコボコした模様のゴム)

このゴムを全体に貼るのが当店のオーソドックスです

厚みは4ミリと6ミリがあり

・オリジナルに近い履き心地と見た目なら→4ミリ
・とにかく耐久性を求めるなら→6ミリ

となります


カカトを強化する場合は

・耐久性、弾力のバランスなら→ミシュランヒール(6ミリ)
・とにかく耐久性!なら→タフZ(7ミリ)

※ビブラムは耐久性が低いのでご希望がなければオススメしません

●検証 2020.9.16現在

実際に自身のスニーカ−で検証中なのですが
「10週間」で「61万歩」ほど歩いた段階で(10500歩/日)

ミシュランは30%ほど、タフZは40%ほど
厚みが残っています

随時経過を更新していきます


見た目にこだわるなら

遊び心が欲しいなら→スカルソール(4ミリのみ)

ギザギザのソールにしたいなら→ビブラム342ソール

ルブタンなど赤いゴムなら→ビブラム赤ゴム、無印赤ゴムなど・・

となります


それぞれにデメリットもあります

342ソールのカカトが減った際の部分貼替え時に
おなじ342を使うと、ものすごく高額になります

かといって、他のカカトゴムにすると
カカトだけギザギザでなくなってしまいます

342白なら、そもそもカカトを強化できません


赤いゴムは黒いゴムほど耐久性の高いものがなく
どうしても修理サイクルが短くなります


全体の考え方として

耐久性を高くして修理頻度をおさえたいなら
黒いゴムを選ぶのが得策です

見た目を楽しむなら、耐久性がある程度犠牲になります


●ゴムの貼り方はどんな感じ?  


ゴムの貼り方についてですが、基本的にはソールの淵より「数ミリ内側のライン」で貼ることにしています

これには理由があって

まず淵ギリギリまで貼ると見た目があまり美しくありません

スニーカーのソール側面の角度は一定ではないので、ゴムの側面との角度が揃わないのが違和感の原因だと思っています

実際に淵まで貼った靴を時々見かけますが、どれも違和感アリアリでした(^^)

少し大きめに貼ってツライチで削れるのならキレイに仕上がるのですが、そんなことをすると靴のソール側面も一緒に削ることになり

・光沢がなくなる
・模様が消える
・色が変わってしまう
・質感が安っぽくなる

と問題しか思いつきません(^^)

なので、今のところは「数ミリ内側に貼る」ので定着しています





また靴は通常、上から見下ろすことが多いので視線の角度が斜め上からになり、「貼ったゴムが見えにくい」という効果も狙っています

しかも黒いゴムなら「影」に見えるかもしれません

普通はパッと見て違和感がなかったら、なかなか二度見はしませんよね

ジロジロ見てくるのはマニアか修理屋ぐらいです(^^)



●どのタイミングで貼ればいいの?  


最後にゴムを貼るタイミングですが

「貼るならなるべく早いタイミングで!」

が鉄則です

カカトが磨り減ってからでも貼れますが、高さを戻さないといけないほど減っていると、どうしても付け足した感じになってしまいます

この「付け足した感じ」を避けるためにゴムを貼るので、やはりなるべく早めがGOODですね






ざっとこんな感じです
どうですか?貼りたくなってきましたか?(^^)

まずはお問い合わせ下さいね〜〜


ご利用の流れ、送料はこちらから




修理例を画像で見るならはコチラ 




とりあえず聞きたことがある!という方は↓
メールで→Mail      LINEで→

すぐにはムリでも必ずお返事いたします!





当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)