カスタムスニーカーを
オーダーしてみました(体験記)

2013年1月末にリーボックのオンラインショップで
カスタムスニーカーをオーダーしてみました

もちろん個人的な靴です

とりあえず1ヶ月ほどかかるみたいなので
到着予定は2月末とのこと

う〜ん楽しみ♪

事の発端はオレンジ色のスニーカーが
ほしいって思ったことなんですけど

案外ないんですよね〜

オレンジが基調でも
色んな色が入ってたりして

そうじゃなくって単色に近いのが
欲しかったんです(^^)

あと、修理屋の視点で選んでいますから
ソールにウレタンを使ってないことなんかも
選ぶ基準になっています

それとこれ、購入しなくてもカスタマイズするだけで
かなり楽しいですよ

やりだすと時間を忘れてしまいます

届くまで日数がりますのでオーダーした感じとか
ボチボチレビューしていきますね



●まずはサイトにアクセスしましょう

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、1

「オーダーメイド」をクリックして
いよいよカスタムの世界へ飛び込みましょう

そうすると「リーボックのカスタムメイドはスゲェぞ」
的なことがツラツラと書いてありますので

じっくりと読んでスゴさを骨身にしみこませてから
あ、ウソです、流し読みしました(^^)

下の方にいってメンズがレディスが選びましょう

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、2

今回は私の靴なのでメンズです


次はどの靴にするか選択ですね〜〜
う〜んいっぱいある

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、3
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、4
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、5
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、6
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、7

選ぶ靴によって指定できる色に種類がありますので
それぞれ選択してから見てくださいね

今回はハイカットが欲しかったので
ポンプオムニ(Pump Omni)か
エックスオーフィット(Ex-O-Fit)になります

色々と見てみた結果オールオレンジでカスタムできるのは
エックスオーフィット(以下EX)のほうでした

そしてポンプオムニはソールのベースがなんだかウレタンっぽい
(違ったらごめんなさい)

同じモデルで価格に差があるのは
表示の靴のベースの素材とか色で差があるみたいです

ふむふむ、エナメルとかメタリックは高いみたい

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、8

ベースのカラーとかタンとか
ホントに細かくカスタム出ますね

それぞれを選ぶと素材が選択できて
素材によって選べる色が違うようです

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、9


●さて、いよいよカスタムです

EXを選択したらまずはサイズ選びですね

リーボックのスニーカーを履いたことな無い方は注意しましょう
少し小さめで細身に作ってるみたいです

私は普段26.5センチを選ぶことが多いのですが
リーボックの場合は27センチでした

不安がある方は実際のお店に試着しに行くのがいいですね

買わないで試着のみはかなり気を使いますが
人生に試練はつきものです(^^)

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、11

パーツを選択していきながら着々とオレンジに染め上げていきます

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、12

とりあえず何も考えずに選択したパーツをオレンジにしていきます

オレンジは濃いオレンジと薄いオレンジがありますが
とりあえずは濃いオレンジ一色にしてやりましょう(^^)

濃いほうが好きなんです

靴の画像をクリックで回転できますので
色々動かして遊びながらカスタムしていきます

どうですか?欲しくなって来ましたか?


と、レビュってるところに嬉しい連絡が
注文していた靴が発送されたようです

おお!速い

注文したのが1月末で今が2月中旬ですので
半月ほどで届くことになりますね

1ヶ月かかるって言っておきながら
半分で送ってくるなんて・・

商売の基本ですね(^^)

届くのを待ちながらさっさとカスタムレビューを仕上げねば
じゃないと順番が逆になっちゃいますもんね〜

ではではつづきを〜〜どうぞ!

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、13

どうですか?めちゃくちゃオレンジです
オレンジすぎるぐらいオレンジですね

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、14

角度を変えてもオレンジオレンジ

メーカーロゴは一色にはできませんので

オレンジの下地に反射素材のロゴか
反射素材の下地にオレンジのロゴになります

ここは当然オレンジ面積が多い方を選択

他にもステッチの色を変えたり
靴ひもの穴にアイレットをつけたりすると
それぞれ500円アップになるようです

靴ヒモを別色などでもうワンセット付けるのも
300円アップになりますね

いやいや、安価で済ますのが信条ですからね
ここは触らずにいきましょう〜

しかもオレンジのハトメなんか
もし破損でもした日には絶対に手に入らなさそうですし

色んな意味でやめときましょう
メンテナンスを考えるのは習性みたいなもんです(^^)

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、15

左上の小さな画像をクリックすれば
履いた時の雰囲気もみることが出来ます

おお!デニムを履いてるので
履いた時がイメージしやすいです〜〜

さて、ここまで濃いオレンジで!と言っていますが
実は1ヶ所だけ色が違うのにお気づきでしょうか?

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、16

そう、ミッドソールのこの部分ですね

この部分だけ濃いオレンジがないんです
なぜなんでしょう

濃いオレンジ一色で染め上げたいのに・・

う〜むと思っていると
さらに追い打ちをかける出来事が・・

実はこれ自宅でやっていたのですが
ここまで出来た時点で家族に見せてみたんです

すると
「・・・・・・・・・・」

あれ?反応なし??
っていうかなにか呆れ気味の気配が・・

「あれ?どうかな?」
と不安混じりで聞いてみたところ

「・・・オレンジだったらいいってもんじゃないよ」
とヒトコト

えええっ?そうなの??
そういうもんなの?ファッションって??

っていうか実は
途中からどうかな〜って思ってたんです

そこまでナンセンス野郎じゃございませんて(^^)

1色だとあまりに立体感がないっていうか
画像で見るとアレだけど実際手に取るとアレなんじゃないかって・・・

アレがアレしてるんじゃないかって
だとするとアレをアレしないといけないんじゃないかって

漫画で見たら大丈夫な服とか髪色でも
実写にしたらコントみたいになるっていう、アレですよ

「実写の悲劇」ってやつですね


とかとか言ってたら


●届いちゃいましたよ!

おおーー!興奮を抑えきれません

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、17

つい撮る前に開けてしまいました
いかんいかんレビューなのに

しっかし大きすぎませんかね、箱

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、18

と思ったらやっぱり〜
スカスカですよスッカスカ

箱の大きさを統一してます!的な感じなんでしょうか

まあどうでもいいですね、とりあえず開けましょ

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、19
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、20

靴の箱の中はいたって普通の感じですね
薄紙で包んであって納品書らしき用紙があって〜

いよいよご対面です〜〜

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、21

おお!

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、22

おおお!!

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、23

おおおお!!!
めっちゃオレンジです

ここまでオレンジのスニーカーが
かつてあったでしょうか

でも思ったより蛍光色な感じです

ちょっとイメージと違う・・
っていうか画面の色と違いすぎませんか?

おっと、カスタムした画像を
載っけていませんでしたね

失敬失敬(^^)

画面でカスタムしたのはこちらです!
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、24

よく見ないとわかりませんね

サイドのラインとかインナーとかを
薄いオレンジにしてるんですよ

これでメリハリがつくってもんです

もう一度現物を見てみましょう
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、25

サイドのラインを薄いオレンジにしたはずなのに
逆に濃くなっていますね

もうちょっと寄ってみましょう

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、26

うんやっぱり

これはこれでカッコイイんですが
イメージとはかなり違いますね〜

それと、画像でつま先に光沢があるのは
いったいなんだったんでしょう

まあ、あの光沢はないほうがよかったんで
いい方に転がってはいますが・・

画像と現物は色味が違うことは理解してく必要ありですね

そうそう、濃いオレンジとか薄いオレンジとか言っていますが

濃いほうがネオンサインっていう色で
薄いほうがパプリカっていう色だそうです

そっか、ネオンサインって蛍光っぽいですね
だから全体に蛍光色っぽのかー

今更ながら気づきました

パプリカは思ったより濃くて黒っぽいオレンジです
どこがどうパプリカなんでしょうか

これをベースに作っても
いい感じの靴が出来上がりそうです


●底にゴムを貼ります

さて、このまま履くとソールが磨り減りますが
この色は私の力ではキレイに修理出来ません

なのでソール全体にゴムを貼ります

このHPでもおなじみの
クレープゴムを貼る予防修理ですね

だってこれだけ散々スニーカーの底にゴム貼ってるのに
自分の靴に貼らなかったらビックリでしょ?

おいおい、ホントは貼らなくてもええんちゃうんかい!
ってね

というわけでサクッと貼りました

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、27
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、28

うんいい感じだ(^^)

あとはいつもHPでも言ってるように
カカトが減ってきたら部分貼替えして履きましょう

今回は4ミリのゴムを貼りましたが
部分貼替えのときは6ミリにするでしょうね

貼り替えるサイクルは長いほうがいいでしょ?

前の方はなかなか減らないので
それを自分で証明しようと思います


●カカトのロゴを決めます

アキレス腱のあたりにReebokのロゴがあるんですが

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、29

文字を変えることが出来るんです

元がReebokなので6文字までっていう制限がありますが
基本的にはアルファベットか数字ならなんでもいいようです
(記号はムリみたいです)

これ「NIKE」とか「adidas」とかにしたらどうなるんでしょうね
Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、30

一応入力はできますからそのままいけるんでしょか

・・・と思ったら

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、31

「リーボックは、他者を不快にさせると判断した語句を拒否する権利を有します」

うん、そりゃそうだ
やっぱそうでないとね

調子に乗りすぎました
ごめんなさい

ちなみにロゴ無しにもできるみたいです

Reebok、リーボック、スニーカー、カスタム、カスタマイズ、オーダー、32

でもせっかく文字が選べるのに
それも面白く無いですよね

え?

で結局なににしたのかって??

それは秘密です(^^)

プライバシーですからね
コジンジョウホウノロテイハカンベンシテクダサイ

最初は右足にright左足にleftってしようっと思ったんですけど
左右で同じにしか出来ないようです

なので別の文字にしました
はい秘密です(^^)


というわけでレビュってみましたが
いかがでしたか?

欲しくなってきませんか〜

今回思ったのは
とにかく楽しいってことです

やっているうちに夢中になりますからね
1時間ぐらいあっという間にたちますよ

14000円のスニーカーって私のフトコロ具合だと
決して安い靴じゃないんです

でも高い!っていう感覚は全くありません
むしろ満足感でいっぱいです

自分でデザインするのがこんなに楽しいとは新たな発見です
子供さんにもいいかもしれませんね

創造力が養われそうですし
自分でデザインしたのなら大事にするでしょう

将来デザイナーとかになってインタビューとかで
「子供の頃に靴をカスタマイズしたのがキッカケで・・」
とかなりそうな気がしませんか?

今回は普通の表革でオレンジでカスタムしましたが
他にもメタリックとかいろんな色がありますし
素材もスエードにしたりエナメルにしたりかなり幅があります

市販の靴でなかなか思うようなのがない
ていう方はぜひ一度チャレンジしてみてくださいね

カスタムするだけでも相当面白いです

どこにも売ってない自分だけの靴ですから
満足感もひとしおですよ


●最後に思ったことなんですが

これ実はかなりいい商売かもしれませんね

まず全て受注生産なので(たぶん)
在庫のロスは全くありません(あくまでたぶんです)

材料はある程度揃えてるかもしれないので
不人気な素材のロスはあるかもしれませんけど

「靴として出来上がっているのに売れない在庫」
は発生しないですよね

サイズ展開も考える必要ないし

もっと突っ込んで色々考えて
親切サービスを追加したらもっと売れそうに思いました
(すでにかなり売れてたらスイマセン)


そこで勝手に追加サービスを考えてみました
(2013.2.19時点での意見です)


@色見本が無料で取り寄せできる
A無料で試着することができる
Bオーダーした靴の発表の場を作る
Cサイズ違いに対応する



@色見本が無料で取り寄せできる

オーダーしたい色とか素材って今回もそうでしたが
やっぱ画面と実際はかなり違いますから

実際はどんな感じなのか見たい素材を
10種類ぐらいまでなら無料サンプルをオーダー可能にします

これでクレームもかなり減らせそうに思います
実際ありそうですもん、思った色と違う!とか

ついでに素材別のお手入れ商品なんかも案内して
ケミカル商品の販売を促進します


A無料で試着することができる

これは店舗に行けば解決するんですけど
取り扱っているお店がどこかとか
調べるのが結構面倒なんですよね

しかもイザ行ってみたらすごく忙しそうだったり
逆にお客さんが自分一人だけだったら

試着だけして帰るのめっちゃ気が引けますよね

この心理、すごく大事だと思うんです

だから例えば試着予約みたいなのが出来て
登録した住所の最寄りの店舗を
3軒ぐらいピックアップしてくれたりすると

探す手間も無くなりますし
堂々と試着に行くことができます

色が違ってもモデルが同じなら
履き心地は確認できますもんね

店側もどの靴の試着するかわかってるわけですから
予め用意ができますし

お手入れ方法とか話しながら接客して
クリームとか防水スプレーとか販売出来ますよね

試着に行く側も、やっぱ「買わない」っていう引け目があるから
案外カンタンに売れそうじゃないですか?

@とAは同時に店舗でやってもよさそうですよね

それかオーダーする靴を無料で送ってもらって
試し履きして返却できるってのもいいけど

履いてみたら足に合わないとかってとき
また注文するのが面倒くさそうです

3足までは無料とかにすればいいか


Bオーダーした靴の発表の場を作る

すでにあったらスイマセン

自分でデザインしたんですから
見てほしい、評価してほしいっていう欲求は
自然に出てくると思うんです

だって家族とか友達に自慢するでしょ、フツー

その発表の場をネット上に作って
人気投票とかをツイッターとかフェイスブックとかで募って
人気ランキングとか作ったら面白そう

自分もやってみよう!って人も出てきそうだし
2足目の購買意欲も刺激できます

月刊ランキングで3位ぐらいまでは
次回カスタムオーダー割引券がもらえるとか

年間ランキングで一位になったら
無料券が貰えるとか、面白そうですよね

そのうち「カリスマカスタマイザー」
とか出てきたりして

その人のカスタムを真似する人が出てきたり
その人にカスタムを依頼できたりしたら

なんか色々広がりそうです

人気のデザインを商品にして売り出すってのも
いいかもしれません

おお!マーケティングも同時に出来ますね

Cサイズ違いに対応する

これはけっこう要望ありそうですが
スニーカーなのでどうでしょうか

たいがい皆さん左右で足の大きさが違いますよね
私もそうです

でも左右で違うサイズの靴なんて
オーダーメイドで作るしかありません

市販で対応しているところなんてごく稀ですよね

だから大きな方にサイズを合わせて
小さい方は中敷きを詰めたりして履いているはずです

でもこれって靴として作ってから販売するから
対応できないだけのことであって

受注生産なら対応できそうじゃないですか?

右は26センチ左は26.5センチ
とかね

大してロスも出ないでしょうし
傾向がわかってくればそれに応じて材料を作れば
さらにロスを少なく出来そうです

スニーカーのサイズって靴ヒモである程度調節できますので
パンプス程はシビアじゃないにしても

けっこう嬉しいサービスじゃないですか?

せっかく受注生産なんですから
カンタンに対応できそうなサービスですよね

もっというと片足だけの注文とかにも
対応すればいいんじゃないでしょうか?

カスタムオーダーしたんだけど

・片足に灯油がかかって臭くて履けない
・飼い犬に噛まれて片足がグチャグチャになった
・置き場所が悪くて片足だけ変色した

とかありそうでしょ?

片足の場合は両足の6割の価格にするとか
それぐらいで対応できそうに思います

あと修理にも対応したら・・・
ああそれは当店にお願いします(^^)

でも対応できない色の材料とかは
どうしようもないですからね

パーツの販売だけでも対応して欲しいもんです



などなど考えるとまだまだありそうです

せっかくのサービスなので
もっと広がってほしいですね