バレンシアガ(BALENCIAGA)
スニーカー修理例 2

ソールのゴム貼り補強はお預かりになりますので
持ち込まれる方はご注意下さい


「とりあえず聞きたいことがある!」
という方はこちら↓↓↓

メール→Mail LINE→

すぐにはムリでも必ずお返事いたします





2020.9.24

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールにゴムを貼ってすり減り予防します


カカトが大きく減るとキレイに直せないのですが
「どこまでなら大丈夫か?」は、なかなかわかりづらいと思います

なので、新しいうちに貼っときましょ(^^)

トリプルSのソールを新しいうちに補強、1

トリプルSのソールを新しいうちに補強、2

トリプルSのソールを新しいうちに補強、3


ソール接地面6ヶ所をある程度フラットに削り落として
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

もう定番になっている

前3枚に6ミリ厚のクレープゴム+
カカト3枚にミシュランヒールです


トリプルSのソールを新しいうちに補強、4

トリプルSのソールを新しいうちに補強、5

トリプルSのソールを新しいうちに補強、6

これで貼り付けたゴムがソールの代わりに減ってくれるので
ある程度減ったら、その部分だけ貼り替えていきましょう

ゴムが完全になくなりきる前に、ご依頼くださいね(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.9.18

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールにゴムを貼ってすり減りを予防します


カカトが少し減っていますが
これぐらいならそのままゴムが貼れそうです(^^)

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、1

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、2

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、3

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、4


接地面6ヶ所をある程度フラットに削り落として
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼ります

前3枚には6ミリ厚のクレープゴム
カカト3枚にはミシュランヒールです


トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、5

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、6

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、7

トリプルSのソールは早めにゴムを貼ろう、8

カカトは減りすぎた部分が斜めに削れて残っていますが
これを消すほど接地面を削ると穴が空いてしまいそうです

なので、これぐらいが無難なラインだと思います(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.9.12

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールにゴムを貼って、すり減りを予防します


きれいなクリアソールですね〜〜
内部構造が見えて、いろいろと面白いです(^^)

クリアソールのトリプルSの修理です、1

クリアソールのトリプルSの修理です、2

クリアソールのトリプルSの修理です、3


接地面6ヶ所を「ある程度」フラットに削って接着面を作り
薬品を塗って表面を作ります

※完全なフラットにこだわるとソールに穴が空きます

クリアソールのトリプルSの修理です、4

削るとクリアが曇りますが、薬品を塗ると透明に戻ります↑


その上で、削った面の外側の淵から少し内側のラインで
ゴムを貼っていきます

前3枚に6ミリ厚のクリアソール
カカト3枚にミシュランヒールです


クリアソールのトリプルSの修理です、5

クリアソールのトリプルSの修理です、6

クリアソールのトリプルSの修理です、7

これで地面に当たる部分はすべて保護できましたので
このゴムを貼り替えていけばソールが傷みません

まずはカカトの三角部分で、その次はその前の外側か
つま先あたりになりそうです

減りすぎるとソールを削ってしまうので
気をつけてくださいね〜〜〜(^^)

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.8.31

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールの補強修理です


カカトが少し磨り減っていますが
これぐらいなら問題なくゴムが貼れます

※なので、これぐらいまでのご依頼がオススメです

トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、1

トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、2

トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、3


接地面6ヶ所をそれぞれフラットな感じに削って
外側から少し内側のラインでゴムを貼っています

前3ヶ所に6ミリ厚のクレープゴム
カカト3ヶ所にミシュランヒールです


トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、4

トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、5

トリプルSのソール修理ならなかじまにおまかせください、6

カカトはすり減った部分が少し残っていますが
ここまで削ってしまうと、内部の空洞が露出してしまい

耐久性に不安があります(^^)

まあ、履けば見えない部分ですし、自身からは死角なので
さほど気にならないと思います♪

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.8.24

バレンシアガ(BALENCIAGA)のスニーカーのソールを
新品のうちに補強します


トリプルS以外のバレンシアガのスニーカーって
なんだかとっても久しぶりな気がします(^^)

バレンシアガのスニーカー修理、1

バレンシアガのスニーカー修理、2

バレンシアガのスニーカー修理、3


ソール接地面を薄く削って、淵から少し内側のラインで
全体にゴムを貼っています

6ミリクレープゴム+ミシュランヒールの組み合わせですね


バレンシアガのスニーカー修理、4

バレンシアガのスニーカー修理、5

バレンシアガのスニーカー修理、6

このモデルはこのまま履くと甲が高すぎて
歩くたびに靴の中で足がゴッソゴソ動いてしまいます

そうすると、指の付け根のラインで革が裂けたり
カカト内側が擦れてボロボロになったりするんですよね〜〜

なので、ベロを下向きに押し込む形で甲にあてて
しっかりと靴ヒモを締めて履くべきだと思います(^^)

(そういうふうにベロが曲がったっけ・・・?)

今回の修理金額は両足で7150円です
状態によって料金は前後します




2020.8.19

バレンシアガ(BALENCIAGA)の紳士ショートブーツの底の修理です

ちょっとブッテロっぽい雰囲気のブーツですが
バレンシアガです(^^)

カカトの貼替えとハーフソールを貼りますよ〜〜

バレンシアガのブーツの修理です、1

バレンシアガのブーツの修理です、2


カカトはミシュランヒールで貼り替えましたので
元の革ハーフよりも格段に歩くやすくなってるはずです(^^)カワハスベルー

ソールは一段高くなっている革のラインで(スタッズのすぐ後ろぐらい)
ビブラムハーフソールを貼っています


バレンシアガのブーツの修理です、3

バレンシアガのブーツの修理です、4

・・・と、まあフツーの底の修理なのですが・・・

驚いたのは、ヒールが「革積みに見せかけた」構造だったんです

安価な靴ではよく見かけるごまかし方ですが
バレンシアガで、まさかまさかの仕様です

ただ、カカトゴムを剥がさないと気づかないので
ヒールを引っ掛けて革がめくれたりしなければ
履いているご本人様が気づくことは、ないと思います

でも・・・・それでいーんでしょうか。

バレンシアガのブーツなら
おそらく価格は10万円超えだと思います

そんな高額なブーツのヒールが
木材にスタック革シートを巻いた仕様なんて・・

まさか夢にも思いませんでした

「偽物?」とも、一瞬考えましたが
その他の部分はきちんと革で作られており

ヒール限定のコストダウンなんて効果が小さすぎて
それもちょっと考えにくいです

※安く作らないと偽物の意味がありません

そうなると、こんなしょうもないことをするんだー
という認識に、改める必要がありそうですね

まあ、革シートがめくれたり
年数が経って内部で木材が割れてきたりしたら

ちゃんと革積みで作り直せばいいんですけどね(^^)

そんなことを思った、今回の修理でした

今回の修理金額はカカトが1650円、ソールが2200円です
状態によって料金は前後します




2020.8.18

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールを、新しいうちに補強します


黒いソールに見えますが、実は黒いクリアソールで
接地面を削ると内部が透けてみえて楽しいです♪

バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、1

バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、2

バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、3


6箇所に分かれた接地面を少しフラットに削って
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

前3枚に6ミリクレープ+カカト3枚にミシュランヒールです


バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、4

バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、5

バレンシアガのトリプルエスのソール補強です、6

これでソールの代わりにゴムが減ってくれますので
きちんとしたタイミングで貼り替えればソールが傷みません(^^)

カカトの3角ゴムが最初に減ると思いますので
時々減り具合をチェックしてくださいね〜〜

ソールが硬く重いので
通常よりも少し減りが早いかもしれません♪

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.8.16

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールを大きく減る前にゴムを貼って補強します


ここ数日、急にトリプルSのご依頼が増えてきました
お盆に関係・・・・ないですよね、きっと(^^)

トリプルSのソール修理画像、1

トリプルSのソール修理画像、2

トリプルSのソール修理画像、3


トリプルSのソールは接地面が6箇所に分かれていますので
それぞれを加工する形になります

それぞれをフラットっぽく少し削って
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っていきます

前3枚に6ミリ厚のクレープゴム
カカトにミシュランヒールを使っています(定番です)


トリプルSのソール修理画像、4

トリプルSのソール修理画像、5

トリプルSのソール修理画像、6

アッパーが黒なので、黒いゴムを貼っても自然に仕上がっている
と思っています(^^)

今後は部分的に貼り替えていくのですが
黒なら使用感による色の違いもでませんしね〜〜

オススメです♪

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




2020.8.14

バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールを、大きくすり減る前に補強します


カカトが少し減っていましたが、これぐらいなら大丈夫(^^)
ゴムを貼ってこれ以上減らないようにしますよ〜〜

TRIPLESのソール補強修理、1

TRIPLESのソール補強修理、2

TRIPLESのソール補強修理、3


接地面6ヶ所をそれぞれ少しフラットな感じに削り落とし
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

前3枚に6ミリ厚のクレープゴムを
カカト3枚にはミシュランヒールを貼っています


TRIPLESのソール補強修理、4

TRIPLESのソール補強修理、5

TRIPLESのソール補強修理、6

これで、あとは代わりにゴムソールが減ってくれますので
それらを貼り替えていけばソールが傷みません(^^)

トリプルSはソールが硬く
正しい歩行をするのがなかなかに難しい靴なので

あまり長い距離を歩くのには向いていないかもしれません

履くシーンを厳選すれば、長持ちしそうですね♪

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のソールを新しいうちに補強します


新品(ほぼ新品?)のソールですね〜

トリプルSのソールは経えりすぎると穴が空くので
できるだけ早めにゴムを貼るのをオススメします(^^)

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、1

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、2

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、3

接地面6ヶ所をそれぞれ少し削ってフラットっぽくし
外側の淵から少し内側のラインでゴムを貼っています

今回はベージュ系のゴムを使いました

前3枚にアメ色のクレープゴム6ミリ
カカト3枚にベージュのミシュランヒールです

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、4

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、5

トリプルエスのすり減り防止、ソール補強修理です、6


全部にクレープゴムを貼ると同じ色でキレイなのですが

カカトに貼るゴムとしては少し減りが早いので
悩みどころですね(^^)

今のところベージュ系はこの方法で落ち着いています

今回の修理金額は両足で15400円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
の減りすぎたカカトとソールの補強修理です


ここまでカカトが減りすぎてしまうとそのままでは補強できませんので
いったんスポンジを足して高さを戻します

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、1

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、2

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、3

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、4

カカト三角部分にベージュのスポンジを足して
元に近い感じの高さに戻してから

その上でソール接地面6ヶ所にゴムを貼って補強をします

前3枚にアメ色のクレープゴム6ミリに
カカト3枚にミシュランヒールのベージュ仕上げです

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、5

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、6

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、7

カカトが減りすぎたトリプルSも修理して直ります、8

今後カカトが磨り減って貼り替える際に
ゴムだけで済むのか?スポンジからやり直すのか?

は、その時の状況によりそうです(^^)

今回の修理代金は両足で17600円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)
のカカト内側破れ修理です


カカト内側は履き口のくるぶしあたりと
下の方にも破れがありました

トリプルSのカカト内側破れも直ります、1

トリプルSのカカト内側破れも直ります、2

トリプルSのカカト内側破れも直ります、3

カカト全体的な修理が難しい構造の靴ですので
くるぶし〜くるぶしぐらいで部分的に修理しています

履き口の袋縫いと同じぐらいの位置で革を縫い付けて
内側に巻き込むように接着して

革の淵を中敷きの下に入れ込んで仕上げています

トリプルSのカカト内側破れも直ります、4

トリプルSのカカト内側破れも直ります、5

トリプルSのカカト内側破れも直ります、6

トリプルSのカカト内側破れも直ります、7

これで元よりも丈夫になっていますが
トリプルSはソールが硬く曲がりにくいので

どうしてもカカトが抜けやすいです

ずっと履いていけばまたいずれ破れてしまうと思いますので
定期的な修理が必要になりそうです

根本的な修理ができませんので
そのことをご理解いただいた上でご依頼くださいね〜(^^)

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




バレンシアガ トリプルS(BALENCIAGA TRIPLE S)のホツレの修理です

靴紐を通すループが根元からホツレて抜けています

やはりソールが曲がらないぶん負担がかかるんですね〜
今回は抜けただけなのでサクッと縫い直します(^^)

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、1

元々縫い付けていたステッチを2本、部分的にほどいて
元のように入れ込んで縫い直しています

強度を出すために、元よりも若干短めにして
ステッチ2本とも踏んで縫うようにしています

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、2

トリプルSのミシンステッチホツレの縫直し修理です、3

ホツレはループの先1ミリぐらいでしたので
おそらく元々きちんと縫われてなかったのでしょう

まあ、工業製品アルアルですね(^^)

キチンと縫い付けましたが、どうしても負担がかかる部分なので
走ったりとかは、しないほうがいいと思います♪

今回の修理代金は1箇所で1320円です
状態によって料金は前後します






もっと見る→





当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)



2020.