リックオウエンス
(Rick Owens)の修理例 4

〜ソール補強、カカト強化、内側破れ修理など〜


ソールは修理するようにできてませんので
新しいうちにゴム貼り補強をオススメしています

※ソール補強はお預かりになりますので
持ち込みの方はご注意ください




2019.12.9

リックオウエンス×クロムハーツ(Rick Owens×Chrome Hearts)
コラボのジオバスケットのファスナーの修理です


スライダー本体が壊れて引手のダガーが取れちゃってますね

YKKのファスナーですので引き手を抜き差しできるタイプで
サクッと交換、のハズだったんですが・・

クロムハーツコラボのジオバスケットのファスナー修理です、1

クロムハーツコラボのジオバスケットのファスナー修理です、2

抜き差しOKタイプのスライダーで交換したのですが
なんと、ダガーがスライダーに入らないんです・・

以前に同じ修理の経験があり、その際は全く問題なかったので
まさか入らないとは思いませんでした


原因はダガー付け根が太すぎることですので
細く削って加工すれば差し込めるようになるのですが

こちらで削るのはあまりにリスクが高すぎますので
ご相談の結果、今回は小さなリングで繋ぐ形で仕上げました


地面に靴を置いてみるとこんな感じです
重力でダガーが真下に向きます

クロムハーツコラボのジオバスケットのファスナー修理です、3

クロムハーツコラボのジオバスケットのファスナー修理です、4

やってみると思ったよりも違和感がありませんでしたので
今回はこれで完成ということになりました

ダガーの付け根を削って加工する場合は

シルバーアクセサリーの加工業者様に
「靴と一緒に」持ち込むのがいいと思います

そうすれば万が一削りすぎても対応ができると思います

今回の修理代金は両足で5500円です
状態によって料金は前後します




2019.12.9

リックオウエンス×クロムハーツ(Rick Owens×Chrome Hearts)
コラボジオバスのソール補強です


ほとんど磨り減っていないほぼ新品状態でのソール補強です
キレイなソールは作業がしやすい!(^^)

Rick Owens×Chrome Heartsジオバスケットのソール補強、1

Rick Owens×Chrome Heartsジオバスケットのソール補強、2

ソールのギザギザ部分をフラットに削り落として
同じラインで、ソール前に6ミリクレープゴム+カカトにタフZです

人気の仕様ですね(^^)

Rick Owens×Chrome Heartsジオバスケットのソール補強、3

Rick Owens×Chrome Heartsジオバスケットのソール補強、4

あとは履いていくうちにまずカカトが減ると思いますので
その際は貼り替えていただき

そうやってるうちにつま先も減ってくるはずですので
部分的にカットしてこちらも部分貼替え可能です

全体の貼替えはかなり先になると思いますので
部分貼替えでメンテナンスしていってくださいね〜〜

減りすぎ注意!(^^)

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2019.12.7

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのソール補強です

時々ご依頼のある、ファスナーが外側についているタイプの
ジオバスケットですね〜〜

革ヒモとカカトの金具がアクセントになっています

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、1

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、2

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、3

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、4

ソールはオーソドックスなタイプですので

ギザギザ部分を平らに削り落として
同じラインでゴムを貼っています

今回はソール全体にビブラム342ソールです

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、5

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、6

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、7

Rick Owens、ジオバスケット、金具、革ヒモ、ファスナー、8

当店ではソールの溝は消さずにそのまま残して
その内径に沿ってゴムを貼ります

溝を消すほどソールを削ると
ソールが薄くなりすぎるということもありますし

他にもいろいろと理由があります(^^)

なにより、淵までゴムを貼る仕上げが
あまり好みではないんですよね〜

まあそのへんは好みの問題ですので
ご希望ならおっしゃってくださいね♪

今回の修理代金は両足で9900円です
状態によって料金は前後します




2019.11.30

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのソール補強です

カカトが少し減りすぎていますが、これぐらいなら
そのままゴムを貼るほうがきれいに仕上がります

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、1

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、2

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、3

ソールのギザギザ部分を平らに削り落として
同じらいで前に6ミリクレープゴム+カカトにミシュランヒールを貼っています

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、4

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、5

リックオウエンスジオバスケットの修理なら、なかじまにおまかせ、6

減ったカカトは大体の感じでラインを取って
ミシュランを少し曲げて貼り付けています

ミシュランは弾力のあるバランスのいいゴムなので
こうやって曲げて貼るのにも向いていますね(^^)

今回の修理代金は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2019.11.26

リックオウエンス(Rick Owens)のソックスニーカーのソール補強です

ラモーンズ系じゃないソックスニーカーですね〜
ソールが定番と全然違います(^^)

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、1

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、2

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、3

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、4

ギザギザを完全にフラットにすると
おそらくソールがダメになりますので

淵のギザギザを少し残して
できるだけフラットに削りました

その上で、そのラインに沿って
全体に6ミリクレープゴムを貼って補強しています

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、5

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、6

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、7

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、8

側面から見るとギザギザ残りが見えてしまいますが
今のところこれが最善の方法だと思います(^^)

気にせずにガンガン履いてくださいねー

今回の修理代金は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




2019.11.26

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのソール補強です

新品はカカトが減ってなくて(アタリマエですが)作業がしやすい!
サクッとゴムを貼りまーす

ジオバスケットのソール修理ならなかじまにお任せください、1

ジオバスケットのソール修理ならなかじまにお任せください、2

ソールの溝の内側部分のギザギザをフラットに削り落として
同じラインでゴムを貼って補強しています

前に6ミリクレープゴム+カカトのタフZの仕様です

ジオバスケットのソール修理ならなかじまにお任せください、3

ジオバスケットのソール修理ならなかじまにお任せください、4

リックのソールは耐久性がかなり低いので
そのまま履くとあっという間にカカトが磨り減ってしまいます

それを削って合成ゴムを貼っていますので
格段に丈夫になっていますよ(^^)

特にタフZは最強です

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2019.11.24

リックオウエンス(Rick Owens)ジオダンクのソール補強です

ソール内部が生ゴムの初期モデルですね〜
う〜ん、懐かしい(^^)

すでにカカトの部分修理をされいてるのですが
その上でソール全体補強のご依頼です

ジオダンクのソールも補強します、1

ジオダンクのソールも補強します、2

ジオダンクのソールも補強します、3

カカトのゴムが結構しっかりついていましたので
このまま利用することにしました

ソール全体を薄く削って、生ゴム部分と同じラインで
カカトは大体の感じでラインを取ってゴムを貼っています

ソール前に6ミリクレープゴム+カカトにミシュランヒールです

ジオダンクのソールも補強します、4

ジオダンクのソールも補強します、5

ジオダンクのソールも補強します、6

生ゴムは素材自体がかなり柔らかいので

補強ゴムを貼った時点ではキレイでも
履いているうちに隙間が空いてきたりします

だからといってすぐに剥がれてしまうわけではなく
隙間が空いたまま剥がれずに履けることが多いです

「細かいことは気にしない」人に向いた素材ですね

逆に「完璧じゃないと我慢できない!」ですと
作業をお受けできない可能性があります(^^)

ご注意ください〜〜

今回の修理代金は両足で7150円です
状態によって料金は前後します




2019.11.24

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのほぼ新品時ソール補強です

ほんの少し履いていますがほぼ新品に近いです
たぶん1〜2回の使用程度でしょう

リックのソールはかなり弱いので
新しいうちに補強しておくのがいいと思います(^^)

ジオバスケットのソールをゴムで補強しました、1

ジオバスケットのソールをゴムで補強しました、2

ソールのギザギザ部分をフラットに削り落として
同じラインでゴムを貼って補強しています

※溝の内側のラインですね

ソール前にクレープゴム6ミリ+カカトにミシュランヒールです

ジオバスケットのソールをゴムで補強しました、3

ジオバスケットのソールをゴムで補強しました、4

カカト強化についてですが

とにかく耐久性を求めるなら、タフZ
弾力などバランスを求めるなら、ミシュランヒールです

タフZは硬いゴムなので耐久性は高いのですが
そのぶん、着地時の感触が硬く感じます

普段から革靴を履いていれば気にならないと思いますが
スニーカーしか履かない方には、ちょっと硬く感じるかもしれません

そのあたりも検討材料にしてくださいね〜

今回の修理代金は両足で8250円です
状態によって料金は前後します




2019.11.22

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのソール補強です

前回定番カラーのジオバスをご依頼いただいたのですが
今回は反対のカラーリングジオバスです

うーんオシャレ(^^)

定番逆カラーリングのジオバスの補強です、1

定番逆カラーリングのジオバスの補強です、2

ソールのギザ技部分をフラットに削り落として
同じラインで全体にゴムを貼って補強しています

前に6ミリクレープゴム+カカトにタフZです

定番逆カラーリングのジオバスの補強です、3

定番逆カラーリングのジオバスの補強です、4

白ベースの靴ですがカカト周りが黒なので
黒いゴムを貼ってもキレイに馴染んでいますね(^^)

これでガンガン履いてくださーーい♪

今回の修理代金は両足で8800円です
状態によって料金は前後します




2019.11.3

リックオウエンス(Rick Owens)ジオバスケットのソール補強です

定番の黒かと思いきや、茶色いラインがちらほら・・

明るい茶色の革の表だけ黒く着色して裏はそのまま
サイドもあえて処理をせずに切りっぱなしにしています

手が込んでますねー(^^)

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、1

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、2

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、3

ソールはいつもと同じですので作業は変わりません

ギザギザ部分をフラットに削り落として
同じラインで全体にゴムを貼っています

今回はビブラム342ソールですね(^^)ギザギザッ!

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、4

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、5

茶色ラインのジオバスにビブラム342ソールを貼りました、6

切りっぱの革サイドの茶色がいいアクセントになっていますねー

「ああ、ジオバスの黒か・・、・・んん?」って感じですね
こういう細かいオシャレは大好きです♪

今回の修理代金は両足で9900円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス(Rick Owens)のソックスニーカーのソール補強です

ラモーンズ系じゃないソックスニーカーですね〜
ソールが定番と全然違います(^^)

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、1

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、2

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、3

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、4

ギザギザを完全にフラットにすると
おそらくソールがダメになりますので

淵のギザギザを少し残して
できるだけフラットに削りました

その上で、そのラインに沿って
全体に6ミリクレープゴムを貼って補強しています

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、5

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、6

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、7

リックのソックスニーカーのソール補強もおまかせください、8

側面から見るとギザギザ残りが見えてしまいますが
今のところこれが最善の方法だと思います(^^)

気にせずにガンガン履いてくださいねー

今回の修理代金は両足で6600円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス×アディダス(Rick Owens×adidas)
のコラボスニーカーのソール補強修理です

最新型(その当時の話です)のこのモデルは
相変わらず加工しにくいソールです(^^)

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、1

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、3

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、5

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、7

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、9

ソールのギザギザを完全フラットに削ると
おそらく熱でゴム自体がダメになってしまうので

ギザギザを半分ぐらい残して削ってから
4ミリのクレープゴムを貼っています

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、2

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、4

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、6

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、8

Rick Owens×adidas、リックオウエンス×アディダス、スニーカー修理、ソール補強、底、補強、10

フラットになっていない底にゴムを貼っていますので
淵のあたりは隙間があったりと荒い仕上がりですが

そのまま履いてすり減ってしまうと
それこそどうやって直せばいいのかわかりません

このモデルを履く方はとりあえず
ゴム1枚貼っておくのをオススメします(^^)

今回の修理は両足で6480円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス(Rick Owens)のスニーカー
ラモーンズのソール補強です


今回はビブラム342ソールの黒を貼りました(^^)

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、1

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、2

ソールのギザギザ部分をフラットに削り落として
同じようなギザギザソールを貼っています

カカトとつま先にフラットな部分ができて
ダークシャドウのソールのようなシルエットですね

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、3

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、4

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、5

リック修理、ラモーンズ、ビブラム342ソール、ギザギザ、シャーク、6

このソールは白もあるのですが
リックのソールとは白さが少し違うのと

カカトが減った際にどうするのか?
という課題があるんですね〜〜

※カカトゴムに白がないため

なので今のところは
黒にしておくほうが無難かもしれません


ちなみにアッパーが白っぽくなっているのは
そういった感じに加工されたんだそうです(^^)

今回の修理は両足で9720円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス(Rick Owens)のジオバスケットの
カカト減り過ぎ修理とソール補強です


ここまでカカトが減っていても修理は可能です(^^)
ただちょっと修理跡がわかってしまいますが・・

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、1

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、2

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、3

減りすぎたカカトにアイボリーのスポンジを貼って
元に近い高さに戻してから

ソールのギザギザをフラットに削って
(もうあまり残っていませんでしたが)

ソール前に6ミリのクレープゴムを貼り
カカトにタフZを貼って強化しています

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、4

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、5

リックオウエンス、ジオバスエット、カカト減りすぎ、穴、修理、なおる、6

カカト部分はスポンジの角をできるだけ丸く仕上げて
近いフォルムになるようにしています

目の前に持ってくれば修理跡はわかりますが
履いてしまえばそこまで気にならないと思いますよ〜

今回の修理はカカトスポンジ足しが2160円
ソール削ってクレープが6480円、タフZが2160円で
両足で10800円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス(Rick Owens)のラモーンズです

カカトがガッツリ減りすぎていますので
元のフォルムに戻しますよ〜〜〜

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、1

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、2

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、3

まずカカトにはアイボリーのスポンジを積んで
側面を限界までツライチに削った上で
角を丸くして近い感じに仕上げます

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、4

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、5

ヒールが減りすぎたリックオウエンスの修理もお任せください、6

その上でソールのギザギザ部分をフラットに削り落として
前に6ミリクレープ、カカトにタフZを貼って仕上げています

カカトはやはり継ぎ目ができますし素材感も違いますが
まあ気にせず履いてあげてください(^^)

カカトってあんがい他人は見てないですよ〜

と願いたい!

今回の修理代金は両足で10800円です
状態によって料金は前後します




リックオウエンス(Rick Owens)のスニーカー
ラモーンズのソール補強修理です

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、1

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、2

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、3

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、4

グレーのアッパーにカーキの靴ヒモ
アメ色のソールという、ちょっとレアなカラーリングです(^^)

今回はソール前に4ミリのクレープゴム
カカトにミシュランヒールを貼って補強しています

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、5

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、6

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、7

リックオウエンス補強、ソールゴム貼り、履く前に、新品、予防、8

ソールのギザギザは大体の厚みが4ミリぐらいなので
4ミリのゴムを貼ると高さが同じぐらいに仕上がります

とはいってもカカトゴムとしては4ミリは薄すぎるので
ミシュランヒール(6ミリ)で補強した感じですね〜

カカトに2ミリの段差ができるのですが
たぶんいにならないと思いますよ〜(^^)

今回の修理は両足で8100です
状態によって料金は前後します




リックオウエンスのジオバス、ラモーンズ、アイランドダンクなどの
ギザギザソール似合いそうなゴムソールのご紹介です(^^)

「ビブラム342 MINI RIPLE」という商品です

ビブラム342、MINI RIPLE、Vibram342、ソール、シャーク、ギザギザ、1

ギザギザの感じはリックのソールとよく似ていますので
オリジナルに近いシルエットに仕上がりそうに思います

ただ、白さが「真っ白」ですのでリックのクリームがかった白とは
少し違う感じです

※黒もあります、2色展開です

ビブラム342、MINI RIPLE、Vibram342、ソール、シャーク、ギザギザ、2

また、縦の長さが314ミリ、340ミリの2サイズ展開なので
依頼される靴のサイズによっては

前後の平らな部分の兼ね合いで
デザインがキレイに合わないこともあるかもしれません

 ビブラム342、MINI RIPLE、Vibram342、ソール、シャーク、ギザギザ、3

それと「かかとが磨り減った際にどうするのか?」
という問題もあります

こちらのソールをリックのソール全体に貼ると
両足で9720円なのですが

同じゴムでカカトの部分修理をするとかなり割高になってしまいます
(1枚のゴムでカカト2足分ぐらいしか取れないため)

かといってカカトだけクレープゴムで貼り替えた時に仕上がりは
どうなんでしょうか?

ちょっとやってみないとなんとも言えませんので
そのあたりを踏まえた上で選択する必要がありそうですね

ビブラム342、MINI RIPLE、Vibram342、ソール、シャーク、ギザギザ、4

とはいえ、これまでなかった細かいギザギザソールですので
一度試してみるのもいいかもしれません

こちらのソールは仕入れが今のところスポットみたいなので
注文が増えてくると定番商品になるんだと思います

注文が少ないとひっそり消えていくかもしれません(^^)

気になる方はドシドシご依頼くださいね〜



もっと見る→



当サイトは基本的にリンクフリーですが
事前にご連絡いただけるとありがたいです

また当サイトをご紹介いただく為でない場合は
画像、文章、その他一切の無断転用を禁止させていただきます

ブログ等で当サイトを宣伝していただくのは大歓迎です(^^)



2019.